2009年02月27日

ナンパ塾で浴衣の子と話ができた

河木さんと初めて会ったのは

7月28日(土)だったと思います。

12時に○○駅○○交番前で待っていた所、

茶髪で日焼けをしているけど、

細身のお兄さんが近づいてきて

「ゆうちゃんですか?」と僕に話しかけてきました。

その細身のお兄さんが河木さんだったのです。

僕はナンパを教えてくれる人って、

体格ががっしりしていて、

見た目が怖い人が来るのかと思っていましたが、

思っていたより普通の方が講師だったので安心できました。




ファーストフードの店に入り、

河木さんにメールで送った必要事項の確認をしました。

そしてナンパ塾への手続きを終え、

河木さんに「がんばりましょう」と声をかけられました。

ここまで来たのだから、もう後戻りはしないと心に決めました。




店を出てから僕は河木さんに

「ストはどこでやるんですか?」と質問したら、

河木さんは「○○○○です。」と

お話された事を覚えています。

その日の○○は夏祭りがあり、

多くの人が道路を歩いていました。

河木さんと二人で日常会話をしながら、

河木さんが指名した女の子に対して

声をかけに行く事をしました。




女の子に対して、

始めになんて声をかけていいか分かりませんでした。

思わず河木さんに最初の声のかけ方を質問しました。

河木さんは他力本願を嫌う人で、

僕に○○○○○に声をかければ○○か○○て○○と言いました。

その内容を滑らかに言えるようになる事が必要だとも

仰っていたように思います。

ナンパは経験=反復運動がとても大事なんだと感じました。




最初のストは5人に声をかけました。

始めは話す事がやっとでしたが、

最後の5人目の浴衣姿の女の子と

結構話ができたように思います。

最終的に番ゲはできませんでしたが、

ナンパをしている実感が沸きました。


posted by ゆうちゃん at 00:00| 河木ナンパ塾のナンパ講習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月25日

ナンパ塾に通えばどんな女の子でもゲットできる、なんて甘い事を言われなくて良かった

河木ナンパ塾へコンタクトした所、

講師の河木さんからメールで返事がありました。

僕は1日+3日連続の

フレンドリーな教え方のナンパ講習会の受講を申し込みました。




河木さんは基本的に温かい人ですが、

現実的な事をお話しする人で、

他力本願や上手く行かない事を

人のせいにする事を嫌う人だという印象も持ちました。

今思えば、河木さんに

ナンパ塾に通えば、どんな女の子でもゲットできるなんて

甘い事を言われなくて良かったと思っています。
posted by ゆうちゃん at 00:00| 整形手術してナンパ師になるまで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月23日

5時間全く声をかけられずに、町田駅前に立ち尽くしてしまいました

2007年7月15日(日)




これまでナンパをした事もない男がナンパをするにも

何から始めたら良いのか分かりませんでした。




本屋でナンパに関する本を探し、

鍵英之さんの

「イケてない男たちへ キミでもヤれるナンパの本」

イケてない僕と重なっていたので、

早速購入し家で必死に読んでおりました。

本には

「読み終わったら必ず街に出る事を約束して欲しい」

と記されていたので、

その約束を果たすべく、

ある日町田駅行きの電車に飛び乗りました。

一人でナンパしに行くのは、

とても緊張し途中で帰りたくなりましたが、

本で教えてもらったとおりにナンパすれば、

女の子とのデートをとりつける事が出来るんだ、

そしてこれまでの人生からサヨナラする事が出来るんだ

と言い聞かせて自分を奮い立たせました。

そして昼前に町田駅前に到着しました。




目の前には綺麗な女の子たちが街を歩いていました。

まずは緊張を抑えるために、

飲めないお酒を大量に飲みました。

お酒を飲んだから

一人で緊張せずにナンパできるだろうと思ってましたが、

そんなに甘くはありませんでした。

あの子に声をかけようと思っていても、

心とは反対に足が動かないのです。

女の子に声をかけに来たのに

どうしてなんだと何度も何度も自問自答しました。

目の前に綺麗な女の子がいて、

この子と仲良くなれたなら、

僕はもう下を向いて歩かなくてもいいのに。



そうしているうちに5時間全く声をかけられずに、

町田駅前に立ち尽くしてしまいました。

そう僕は自分に負けてしまったのです。

5時間女の子に声一つかける事が出来ない自分に、

とても腹が立って仕方がありませんでした。

その時、

ナンパが出来るようになりたいと真剣に思いました。




その日の夜から

ウェブサイトで必死にナンパ塾を検索しました。

これまでの中途半端な人生に

サヨナラするきっかけが欲しかったのです。

そして、

僕に合っていそうな河木ナンパ塾へのコンタクトを行ったのです。
posted by ゆうちゃん at 00:00| 整形手術してナンパ師になるまで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月22日

僕は地方出身者で東京に知り合いが居ません

休日は一人で何処かに

ショッピングや旅行に出掛けることが多いです。

一人で居る事が気楽だったのと、

僕が地方出身者で東京に知り合いが居ないからです。

僕は○○出身で8年前に東京に出てきたのですが、

会社の同僚が知り合いなだけで、

友達は皆無と言っていいほど居ません。

どうやって休日に遊んでくれる女性と

知り合う事ができるんだろうかと、

いつも思っているんですが、

ナンパが出来ない月日を重ねています。
posted by ゆうちゃん at 00:00| 整形手術してナンパ師になるまで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月21日

カップルが楽しんでいる表情を見ると僕もいつかは同じようになりたいと思っていました

僕の趣味は読書や旅行ですが、

人付き合いが苦手な僕は友達が少なく、

一人で旅行に出掛けている事が多かったように思います。

周りのカップルが旅行で楽しんでいる表情を見ると

僕もいつかは同じようになりたいと思っていましたが、

そのきっかけが今までどうしてもつかめずに

これまでずっと生きてきました。
posted by ゆうちゃん at 00:00| 整形手術してナンパ師になるまで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月20日

一人でいることが多かったです

学校や会社では、

一人でいるor限られた同性と話すことが多かったです。

今もその状態が続いています。

人と話すのが面倒で一人でいる事が気楽だったから、

そういう風になったんだと思います。
posted by ゆうちゃん at 00:00| 整形手術してナンパ師になるまで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月19日

人の話をさえぎって話をしてしまい不快な思いをさせていた

僕はこれまで対人コミュニケーションが苦手で、

人が話している最中に人の話を理解せずに、

人の話をさえぎって話をしてしまう事がありました。

よく上司や友達から忠告されたんですが、

昔の僕はその忠告を受け入れずに

自分本位に自分が話したい事だけ話し、

人に不快な思いをさせていたと思います。
posted by ゆうちゃん at 00:00| 整形手術してナンパ師になるまで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月18日

性格が大人しく背が低く引っ込み思案

昔の事を少しお話したいと思います。




僕は性格が大人しく背が低く、

かつ引っ込み思案なので、

学生時代は目立たない存在でした。

小学校では野球部、中学校では美術部に所属してました。

どちらの部も自分にあってそうだとか、

かっこよさそうなイメージがあり入部したんですが、

そんな気持ちだったので

真面目に活動する事はありませんでした。

高校では何も部活に入らず

ただ学校が終わったら男友達と

ゲームをしている日々を送ってました。
posted by ゆうちゃん at 00:00| 整形手術してナンパ師になるまで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月17日

対人関係がうまく行かず、女の子にもてることがない僕の人生

僕がナンパを始めようと思った理由は、

これまでのつまらない人生にサヨナラしたかったからです。




僕のつまらない人生とは

対人関係がうまく行かず

かつ女の子にもてる事がない人生です。




これまでの人生を振り返ってみると、

物事に対して全てにおいて中途半端だったと思います。

人生を振り返ったときに、

今まで何をやって来たんだろうと

真剣に考える時が多々ありますが、

過ぎた時間を取り戻せるわけでもなく、

ただ年月が過ぎていっていました。
posted by ゆうちゃん at 00:00| Comment(1) | 整形手術してナンパ師になるまで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月16日

地方から上京してきたのですが、学生時代よりさらに出会いの場が少なくなりました

社会人になってから地方から上京してきたのですが、

学生時代よりさらに出会いの場が少なくなり、

どうやって女の子と仲良くなれるんだろうと考え、

色んな出会いの本やウェブサイトを見たりしているんですけども、

答えが出ませんでした。




街で見かける可愛い女の子を振り返って、

あの子と仲良くなるにはどうしたらいいんだ?

と考えた時に思い浮かんだのがナンパでした。
posted by ゆうちゃん at 00:00| 整形手術してナンパ師になるまで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月12日

断られたらどうしようという気持ちが先に立って相手に想いを伝える事が出来ずに後悔した事が多々あります

今までの恋愛についてお話したいと思います。




僕は性格が大人しく背が低くかつ引っ込み思案なので、

学生時代は目立たず、

女の子から注目される事はありませんでした。




自分から告白した事は一度もありません。




僕にも好きな人はいたんですが、

断られたらどうしようという気持ちが先に立って

相手に想いを伝える事が出来ずに後悔した事が多々あります。




女の子から告白されて付き合った時に、

周りの友達に彼女がいることだし

なんとなく付き合ってみようという事で始めた交際が

長く続く事はありませんでした。




自分から女の子に話しかける事が苦手なので、

女の子と話したいと思っても緊張のあまり、

「やっぱりやめよう」という気持ちになり、

相手に対して本気になれず

中途半端な関係に終わっていました。




中途半端な関係なので、

付き合った女の子と男女の関係になる事は

これまでありませんでした。
posted by ゆうちゃん at 00:00| Comment(2) | 整形手術してナンパ師になるまで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。